ラクトフェリンヨーグルトの驚きの効果!私の善玉菌が500兆個になった理由

腸内細菌とは?

私たちの腸には腸内細菌が存在していることは知られていますが、それらはどのようなものなのか詳しく知っているでしょうか?ラクトフェリンヨーグルトで腸内細菌を整える前に、腸内細菌について詳しく理解することをおすすめします。

 

お腹のなかにいる赤ちゃんは無菌状態です。胎内で菌に汚染されておらず、腸内にも細菌はありません。その腸内細菌がどのように住みついたかたというと、生まれてくる際に産道を通し母親由来の菌を始めて感染するからです。その後も病院内で生活する際に菌が移り住んだり、自宅に移ってからも多くの菌に触れる機会があります。

 

このような仕組みで無菌状態だった腸に、腸内細菌が住みつくようになります。腸内細菌の量は、すべてをあわせると1kgもの重さになるといわれています。その量は10億個とも500兆個ともいわれており、便の中には死んだ腸内細菌などが含まれています。

 

腸内細菌とは胃から大腸までに存在する菌のことで、その種類は300種類くらい、善玉菌だけでも100種類くらいあります。腸内細菌のなかにある乳酸菌は、さまざまな研究でその働きが明らかになってきており、ヨーグルトに活用されている菌もあります。

 

腸内細菌と宿主となる体は、共生の関係で良い影響をもたらしています。腸内細菌があることで宿主の体が健康になり、宿主が病気になれば腸内細菌のバランスが変わり、悪玉菌が増えて善玉菌が増えて影響が出てしまいます。

腸内細菌を整えるわけ

腸内細菌を整えるとなぜ健康になるのでしょうか?排便を促がし毒素を排出する意味もありますが、それ以上に重大な秘密が腸内細菌には隠されています。

 

今まで食べ物を消化するのは消化酵素のみだと考えられていました。しかし、腸内細菌も消化に関連していることがわかり、食べ物を分解して吸収するために役立てられていることが判明しています。腸内細菌のバランスは、便の排出だけでなく、食べ物の消化や吸収などにも関わっているため、健康にはとても重大な存在だったのです。

 

健康のためにどんなに良い食材を食べてたり、健康対策のサプリメントを飲んでも、腸内細菌のバランスが悪ければ栄養を吸収することはできません。健康な人は食物から適切な栄養を取り込むことができ、体の機能を整えているため病気になることはありません。しかし、腸内細菌が乱れている方は、栄養が偏りやすいため内蔵機能やホルモン分泌などの異常が出て病気になることがあるといえるのです。

 

ビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質、たんぱく質は5大栄養素とも呼ばれ、毎日摂取しなければならない栄養素です。これらを含む食品を食べたり、サプリメントを補っても、腸内細菌が悪ければ栄養を取り込むことができなくなってしまいます。

 

ラクトフェリンの比較結果はこちら 

参照サイト

ラクトフェリンを含む食品・・・ラクトフェリンを食品から摂るならどんなものがあるか?

腸内環境が悪くなると?

腸内環境が悪くなると腸ではどんなことが起こるのでしょうか?

 

1・善玉菌が減る
善玉菌にはコレステロールの排泄効果があるため、腸内細菌が乱れてくると脂質代謝異常を起こします。これが血液に流れていけば、どこかで動脈硬化が起こり、生活習慣病を引き起こすことになります。

 

2・悪玉菌から毒素が出る
腸内細菌の悪玉菌は毒素を出します。そのなかには発がん物質も含まれているため、腸内細菌の乱れで大腸がんになる恐れがあります。腸から吸収された毒素は血流に乗り全身へと運ばれ、大腸だけでなく皮膚がんやほかの臓器のがんも引き起こすかもしれません。

 

3・病原菌が増加
ついに腸内では病原菌が発生します。例えばO157のような病原体は腸が健康なら定着することはできません。しかし、腸内細菌が乱れ悪玉菌が増えている状態では容易に定着し、食中毒や感染症を発生させてしまいます。同じ食べ物をとっても、食中毒になる人もいれば症状がほとんど出ない人がいるのは、腸内細菌のバランスが乱れているからだったのです。

 

4・病気が発生
最終的には様々な病気が発生することになります。生活習慣病やアレルギー疾患、偏頭痛や下痢・便秘などの異常も起こります。腸には免疫細胞の多くが存在するため、腸内細菌の乱れこそが病気のもととなります。

腸内細菌は今からでも変えられる

ありがたいことに、腸内細菌のバランスは、変えたい!と思ったときからいつでも変更が可能なことです。腸内細菌は毎日変化しており、様々な要素で良い状態に近づけることができます。

 

1・バランスの良い食事
偏った食事は腸内細菌のえさが不足してしまうことがあります。乳酸菌や発酵食品の前に、食生活を整えるようにしましょう。

 

2・腸に良い菌をとる
ヨーグルトに含まれる乳酸菌、発酵食品などをとるようにすると、腸内細菌が徐々に調っていきます。腸に存在する乳酸菌はオリゴ糖やごはんなどの糖質をえさにできます。食物繊維も腸内の悪玉菌をからめとり排出しやすくするため、善玉菌が住みやすい環境ができあがります。
 
3・ストレスを防ぐ
腸は自律神経により左右されやすいため、ストレスにて腸内環境が乱れます。

 

4・薬の乱用は避ける
抗生物質を多用したり、不要な薬を乱用するのは避けましょう。抗生物質は細菌を減らす効果がだけでなく、善玉菌までも減らしてしまいます。
 
5・ラクトフェリンを摂る
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす両方の効果があるのがラクトフェリンです。ラクトフェリンは鉄と結びつきやすい性質を持ち、悪玉菌も同じ性質があるため、鉄を奪うことで悪玉菌が生育する環境が無くなります。

 

ラクトフェリンの比較結果はこちら